www.aziabuturyuu.com 2018.7.17 火曜日
商品分類
漢方薬
漢方生薬
ダイエット
美容 美髪
健 康
御茶 酒
住い 暮し
ビジネス
こんにちは、 ゲストさん
ログイン
 

    腎 臓  
  漢方薬 - 腎 臓 - 杞菊地黄丸(濃縮丸)
買物籠 商品個数:0点 合計金額:0円

品番:
KPC-16
品名: 杞菊地黄丸(濃縮丸)
(こぎくじおうがん)
双料杞菊地黄丸(そうりょうこぎくじおうがん)の中国向けパッケージ
規格: 0.375g×200丸/箱(8丸=3g)
単価: 880円/箱
製造:
用量: 4箱(目安)/月
 
  買物籠に入れる
買物籠に入れる買物籠に入れる


日本向けパッケージ―
双料杞菊地黄丸
(そうりょうこぎくじおうがん)
0.2g×720錠/箱(7000円)

成分:
地黄(ジオウ):血を補う、強壮。
山茱萸(サンシュユ):サンシュユの果実。強壮、止汗。
山薬(サンヤク):ヤマイモ。強壮、健胃。
枸杞子(クコシ):目に栄養を与える。
菊花(キクカ):目の炎症を鎮め、働きを改善する。
沢瀉(タクシャ):水辺の植物で、利水作用を持つ。
牡丹皮(ボタンピ):ボタンの根の皮。 血行を改善し、炎症を抑える。
茯苓(ブクリョウ):サルノコシカケ科の一種、利水、胃腸を整える。

効果: 肝腎機能低下による疲れ目、かすみ目、視力低下、目の痛み、乾燥、めまい、目の充血、耳鳴り、白内障、緑内障、飛蚊症、花粉症、涙目。目の疲れによる頭痛、めまい、耳鳴り 。体の衰えを回復して、肝臓と腎臓を強くし、慢性化した症状には特に効果的です。六味地黄丸に枸杞子と菊花を加えるました。六味地黄丸は漢方の代表的な腎の衰えを補う薬で、枸杞子と菊花は視力減退を改善する効果があります。長期間服用することにより基礎体力を高め、肝腎機能を高める。腎は、性機能だけでなく、生命の根源です。肝臓と腎臓の働きを強め、眼に栄養を与え、足腰のだるさをとり、体力をつける漢方薬です。
適應症: 『肝』+『腎』が弱るとみられる症状
疲れ目、かすみ目、視力低下、目の痛み、乾燥、めまい、目の充血、耳鳴り、白内障、緑内障、飛蚊症、のぼせ、めまい、頭重、耳鳴り、難聴、咽の渇き、骨粗しょう症、疲れやすい、腰痛、足腰のだるさ、手足のほてり、頻尿、残尿感、排尿困難、尿量減少、前立腺肥大、むくみなど。
使用: 成人(15歳以上)1回8錠、1日3回温湯で服用して下さい。
注意: 定められた用法、用量を厳守して下さい。
 
ホーム | 言い置き | 注文フォー厶 | 注文追跡 | リンク集
Copyright (C) 2003-2018 Aziabuturyuu.com. All Rights Reserved.  蘇ICP備05084373号