www.aziabuturyuu.com 2018.11.15 木曜日
商品分類
漢方薬
漢方生薬
ダイエット
美容 美髪
健 康
御茶 酒
住い 暮し
ビジネス
こんにちは、 ゲストさん
ログイン
 

    あ行  
  漢方生薬 - あ行 - 黄薬子
買物籠 商品個数:0点 合計金額:0円
写真

品番:
KSA-390
品名: 黄薬子
(おうやくし)
規格: 丸切:50g    
(粉末:+500円)
単価: 500円/50g
製造:
 
  買物籠に入れる
50g 買物籠に入れる買物籠に入れる
説明:

ヤマノイモ科のニガカシュウの塊茎(担根体)です。
【性・味・帰経】:性寒、味苦;帰肺・肝経

成分: ジオスゲニン、ジオスブルビンなどのステロイドサポニンなどを含んでいます。
効果: 散結消腫、清熱解毒、凉血止血などの作用がある。
応用:

1.癭気の治療に用いる。黄薬子だけを酒に浸して服用し、頚部の癭気を治療する。また、海藻、牡蠣などを配伍する。例:消癭湯。
2.瘡瘍腫毒、咽喉腫痛、毒蛇咬傷などに用いる。黄薬子は清熱解毒の効果があるので、単味あるいは他の清熱解毒の薬物を配伍して使用される。近代はよく海藻、昆布、白花蛇舌草、薏苡仁、山慈姑などを配伍し、甲状腺、食道、胃、肝臓、直腸の腫瘍の治療に用いて、一定の治療効果をおさめている。
3.血熱による吐血、出血、喀血症に用いる。黄薬子には凉血止血の効能があり、他の止血薬たとえば蒲黄、棕炭などと配伍して使用される。
4.また黄薬子は止咳、平喘の作用も兼ねているので、活血の治療に最も効果が良い。咳嗽、気喘、百日咳の治療にも用いられる。

使用:

生薬、煎じ薬の一味として使用:5〜15g。粉末:1〜2g;外用適量。

注意: 1.黄薬子を大量に、長期間にわたって服用すれば、消化器に副作用がある(たとえば、嘔吐、下痢、腹痛などが現れる)。
2.また肝臓機能にも一定の損傷があるので、脾胃虚弱と肝臓疾病の患者には慎重に用いるべきである。

注文
案内
*:

1、ご注文の際、コメント欄に具体的な原形、砕き、刻みと量、或は粉末と量を記入下さい。
2、単価、送料、合計代金、即時メールの内容を気にしないでください。

3、注文後に注文確定メールよる御見積書を送られてくるので、それまでに御待ちください。

4、登載していない生薬が欲しいなら、御問合せください。煎じ薬の調合をご要求により応じます。

 
ホーム | 言い置き | 注文フォー厶 | 注文追跡 | リンク集
Copyright (C) 2003-2018 Aziabuturyuu.com. All Rights Reserved.  蘇ICP備05084373号